トップページ

    このサイトではRVRの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「RVRの買取相場を調査して高額で買取をしてくれる車買取店に売りたい!」と感じている場合はこのページに掲載しているおすすめの車買取業者で調べてみてください。

    三菱のRVRを高く買い取ってもらうために大事なことは「複数の車買取店に査定をお願いする」ことです。1つの業者だけとか近隣の三菱ディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら確実に損をするのでおすすめできません。

    中古車の一括査定なら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、RVR(アールブイアール)の買取価格の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して利用できます。

    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大で50社にRVRの買取査定依頼が可能です。中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    勿論、全国対応で利用は無料。

    「ちょっとでも高く売りたいからRVRの買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」ということならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているRVRの買取相場が表示されるうえに、個人情報が流れない為、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札価格を提示するので、三菱のRVRを高く売却できる買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込みをすると多くの業者から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    RVRの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車相場が提示されるので、「自分が乗っているRVRの買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのRVRでも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が三菱RVRの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた業者にあなたのRVRを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者が三菱のRVRを査定します。

    1社だけでなく複数の業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数の買取業者に査定依頼をして数年間乗ったRVRを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天株式会社が運営している車一括査定サービス。
    三菱・RVRの買取一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントが溜まるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきたRVRを高額買取してもらって、さらに楽天ポイントがプレゼントされるのは結構うれしいですね。
    提携している業者は100社なので他のサービスと比べると少なめですが、最大で10社の会社が三菱・RVRの高額査定をしてくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定を利用した時の価格の違いが複数提示されているので、一回見てみることをおすすめします。







    インターネットの車の一括査定サイトを使うときの注意点として、最高値で見積もってくれた店舗と取り引きするのが最善策ではないかもしれない点があります。

    多くの中古車買取業者の査定を見比べたときに、相場の査定額よりも妙に高い金額を示しているところがある場合には「なにか変だな」と感じた方が良いでしょう。

    実際に買取を行うときに、売買契約を取り交わした後から難癖を付けて現実に買取額を低下させられるケースもあることでしょう。

    これは中古車査定の場合だけではなくて、どんなことにでも同じ事が言えると思いますが、ネガティブなレビューは存在します。

    何個かの否定的なレビューを見付けたとしても、数個の悪いコメントだけに左右されてしまうと何も出来ない状態になってしまう場合もあるでしょう。

    皆さんのレビューはあくまで参考程度にとどめて、まずは一歩を踏み出して無料査定を申し込んでみて、査定したときに受けた自分のイメージを大切にしていく方がより良い選択ができる要となるのです。

    ご存知の方もいるかもしれませんが、車の買取において、大手の業者と中小の業者では中古車査定時の姿勢がちょっと違ってくるのです。

    大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    買い取りは積極的なのですが、価格は社内基準に則った範囲でしか決定出来ず、自分で金額の交渉をしようにも最初からその幅がないのが本当のところです。

    その一方で、中小の買い取り店舗は一車種毎にオークションで販売していく方式をとることがほとんどのため、関与した査定士によるところが大きく、高く売れるだろうと思ってくれれば相場よりも査定額がグッと高くなるケースも出てくるのです。

    普通の自家用車を処分する場合、選べる方法は買取業者への売却かディーラーによる下取りではないでしょうか。

    もし売却するつもりであれば多くの業者に見積り依頼を出すことで業者間の競争心を煽り、高い買取額を狙うというのもありです。

    その一方、下取りはというと、価格を比較する相手がいないので高額な金額はつきにくいです。

    ただ、車を購入するのと同時に古い車も処分できますし、代車の心配も不要です。

    一概にどちらが良いかは言えません。

    車を査定する際には車の所有者が必ず立ち会う必要があるなどとするルールこそないものの、やはり本人不在で起こりうるトラブルを未然に防ぐためにも、可能なかぎり実車査定には所有者が同席するようにしましょう。

    酷い業者ばかりとは限りませんが、なかには人が見ていないのを幸いとばかりに自分で傷を捏造して少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。

    完済前でローンが残っている車を売るなら、完済してからでなければ車は売れません。

    なぜなら返済中の車はローン会社のものであり、ローン会社の名義で登録されていることが多いのです。

    残債を売却前に払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、それが無理なら決定した査定額を使って債務の残りを差し引くというやりかたもあります。

    但しこの場合は相手方の同意が絶対条件となり、残債がないときと比べると手続きは複雑です。

    中古自走車を売却する際には、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

    車を売却するときは不要でも、新しく車を買ったときには、ちゃんと車を保管する指定場所を届け、車庫証明書を取得しなければなりません。

    車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、自分で手続きすることもできます。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、トライするのも結構ですね。

    車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、車の売買契約書を持って行きましょう。

    すでに支払った自動車税が月割りで還付されることがあります。

    それは、普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずにそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。

    逆に軽自動車については別途決まりがあって、税金の還付はありません。

    でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    しかしながら、自動車税のことについていちいち説明してくれるとは限りません。

    売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。

    たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、中古車屋からも引き取れないと言われてしまうことが多いです。

    けれども対処法がなくなってしまったわけではありません。

    自分で廃車手続きをして先に支払った税金の還付を受け取るという手もあれば、そういった車の扱いに長けた専門業者に依頼するといった手段も残されています。

    車単位でなくパーツ単位で査定するのが専門業者の特長で、部分ごとに値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。

    時間と労力、金額のどれを優先するかを考え、後悔がない方を選びたいものです。